HOME >> 個人情報保護

個人情報保護


個人情報保護に関する法律が平成17年4月1日より施行されました。
ご利用者様の大切な個人情報を保護していくため、皆様にご理解していただけますよう宜しくお願いいたします。

個人情報保護に関する宣言

晋栄福祉会(以下、当施設)は、先駆的・先進的・専門的なサービスが提供できるように365日24時間体制でご利用者様のニーズに対応していこうと努力しております。 ご利用者様からの信頼を損なうことがないようにご利用者様からお預かりする個人情報を適切に取り扱うべく下記のとおり「基本情報保護基本方針」を制定し、すべての職員が個人情報保護に取り組んでいくことを宣言いたします。
以上
平成17年4月1日
晋栄福祉会 高齢福祉施設

個人情報保護・基本方針

  1. 個人情報の取得・利用・提供・委託を行う場合、事前に利用目的を明確にし、ご利用者様の同意の上で行います。
  2. 個人情報の取得については、合法的・道徳的な方法で行います。
  3. 個人情報の利用目的は、ご利用者様にご理解いただきやすいように公表します。
  4. 個人情報に関する、事故による漏洩が起こらないよう予防策を講じます。
  5. 個人情報の取り扱いに関する、職員研修を行い管理・取り扱いが適切に行われるよう努めます。
  6. 個人情報保護に関する法律により、当施設の規定を定め遵守します。
  7. ご利用者様の希望に添えるように、苦情窓口が迅速に対応し、規定に沿って処理いたします。

個人情報収集の目的

  1. サービス提供時の利用のため
    ご利用者様が円滑にサービスを受けられるように、介護保険の業務、他の社会資源の利用を行う際に利用いたします。
  2. 施設外への情報提供のため
    他の介護保険関係施設、行政関係、病院、診療所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業所などとの連携のために利用いたします。
  3. 当施設の信頼性の確保のため
    介護の質の向上、介護保険事故に対する適切な処置のため、または外部監査・指導に適応するために利用いたします。
  1. ※上記のうち同意しがたい事項がある場合には、その旨を「苦情窓口担当者」にお申し出ください。
  2. ※お申し出がない場合については、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
  3. ※これらのお申し出は、後からいつでも撤回・変更等することができます。

個人情報の種類

  1. サービス利用に関わるアセスメント票に記載した事項
  2. サービス提供に関わった担当者が相談時に把握した事項
  3. 次の各書類に記載されていた事項
  4. ・居宅介護支援台帳
     (アセスメント票・居宅・介護サービス計画・サービス担当者会議等)
  5. ・サービス利用票および別票
  6. ・サービス事業者との連絡調整に関する記録
  7. ・利用者への訪問の記録
  8. ・給付管理票・介護給付費明細書
  9. ・その他社会資源の利用に関する必要事項など

個人情報の利用・提供方法

当施設の担当者の管理の下に保管するとともに、コンピュータ入力または台帳を作成し、サービス提供・連絡調整等の上記利用目的に沿った利用を行います。 また、利用方法についてはご利用者様に詳細を書面で配布し、ご理解いただけるように努めます。

個人情報の開示

ご利用者様の個人情報は下記の場合を除いて、第三者に開示または提供することはありません。
・ご利用者様が同意されている場合
・明示している利用目的のために利用する場合
・法令に定められた開示の必要性がある場合

また、当施設ではご利用者様の個人情報の開示・訂正・利用停止等につきまして「個人情報の保護に関する法律」に従って定めた規定に基づいて進めていきます。

お問合せ先

個人情報内容に関するお問い合わせ、ご不明な点については下記に承ります。

e-mail:
電話:072−881−8201
FAX:072−881−8115
個人情報保護委員会 担当者:松下・岡本まで
個人情報保護利用者版