宮浦辰典さん特別養護老人ホーム中山ちどり 生活相談員
好きなことばありがとう

電話口での第一印象が施設全体の印象につながる、重要な役割

ショートステイの担当をしています。ケアマネジャーを通じ、施設利用を検討されている方の相談の第一報が私に入ります。その後、利用される前にお宅に伺い、ご家族やご本人とお話をします。その時に、やはり私の第一印象が施設自体への印象につながると思うので、意識することは多いです。ゆっくり、そして専門用語をあまり使わずに、分かりやすく話すことを心がけています。普段も「ごめんなさい」や「すみません」よりも「ありがとう」と伝えるようにしたりしています。

上下関係だけではなく職種を超えた連携を円滑化

施設内では、情報が一番集まってくるポジションなので、看護師や介護職員になるべく共有するようにしています。コミュニケーションも増えますし、それぞれのポジションの意向をすり合わせる機会も増えるので、連携が円滑にとれるようなります。また、判断の難しい場面もありますが、同じ施設内に施設長や副施設長などの上司もいるので、すぐに相談しやすく、不明点があれば教えてもらえます。たとえ不在でも、すぐに返事を返してくれるため、そのスピード感は非常に助かっています。下からも意見が言いやすい雰囲気もあり、仕事の上での連携も、人間関係も、かなり風通しがよいと感じています。

自分の目で見て、事実を判断して欲しい

最近、介護業界は芳しくないニュースが流れていますが、悪い面ばかりではありません。報道だけで判断し嫌煙してしまわずに、実際に自分の目で見て感じて欲しいですね。どんな業界・仕事にも嫌なこともありますし、介護業界にもよい面、活躍できる場面がたくさんあります。
ぜひ飛び込んできて欲しいです!

TIME SCHEDULE
  • 9:00

    出社・申し送り・送迎

  • 10:00

    業務日誌等の書類の確認・他事業所との連絡

  • 11:00

    ご利用者の様子を確認(ユニットへ)

  • 13:00

    他事業所やご利用中のご家族との連絡・連携や、新規ご利用者の面談・契約など。

  • 16:00

    送迎

  • 17:00

    ご利用者の様子を確認(ユニットへ)業務日誌の作成

  • 18:00

    退社