河邊晴美さん特別養護老人ホーム中山ちどり 医務室 看護部長
好きなことば

篠原優姫さん特別養護老人ホーム中山ちどり 医務室 看護師
好きなことば

職種を超えた連携や、コミュニケーションがとても大切

篠原ご入居者の健康管理や、医療面からできる日常生活のお手伝い、ご入居者とご家族を含めたターミナルケアをしています。診察以外の時間でも、なるべくご入居者とお話するように心がけていて、必要であればその時に聞いた情報を他のスタッフと共有し、介助や診察に役立てるようにしています。

河邊私も同じように業務にあたりますが、看護部長として、働きやすい環境づくりや看護師の教育もしています。篠原の話にもありましたが、ここでは看護師以外のスタッフとの連携が必要なので、介護職員の教育も担当しています。例えば、オンコールで巡回した際に、介護職員さんからご入居者の健康面について質問された時に、看護師が答える範囲であれば応じますし、医師の判断が必要であれば診察に立ち会ってもらうなど、職種間の橋渡し的な役割もありますね。

病院とは違う、ご入居者との“向き合い方”

河邊私は看護師としての病院で働いていた経歴が長いのですが、その経験から得た知識や知恵を集結させて取り組まないと解決できない問題が発生する時があります。そういう難しいケースを解決して乗り越えた時は、中山ちどりのスタッフとして、そして一人の看護師としても、非常に嬉しく、やりがいを感じます。あとは、病院と比べると、一人のご入居者と長くお付き合いすることが多く、丁寧に、時間をかけて向き合えるところがこの仕事の好きなところです。

篠原私は以前、介護職員として働いていて、ここの施設が診療所と併設されていることのメリットをすごく感じています。事態が急変しても、すぐに医師の方に診てもらえるので、安心して勤務できています。

法人全体がフラットで元気いっぱい。それが働きやすさのみなもとです

河邊この施設は、施設長や副施設長などの上層部の人たちがいつも一生懸命で、フットワークが軽いことから、法人全体が元気な印象があるところが好きですね。普通の企業だと上層部が部下に指示を出して動かす、という流れだと思いますが、この法人では上層部の人たちがどんどん動いて、その背中を下が追いかけていく、というイメージがあります。下の人たちにどんどん自発的に取り組ませることも多いので、法人全体で勢いがあり、看護師も介護職員も生活相談員も、みんな対等な立場で働けていると思います。

篠原同じ印象はあります。若い人も多くて、すごく話しやすい雰囲気です。人間関係もよくて、施設長が企画した忘年会に、職種を問わずみんなで参加することもあります。とても働きやすい環境だと思います。

まさに“ワークライフバランス”が実現できる環境

篠原スタッフみんなが優しいので、なじみやすい環境だと思います。働き方に関しても、オンコールはありますが、夜勤も残業もないので、私生活も充実させることができます。産休・育休も取得できますし、産休・育休をとっては復帰して、また出産をしても戻ってくる方もいるので、女性にとっては働きやすい環境だと思います。

河邊福利厚生もすごく整備されていますし、人間関係を含めて風通しのよい組織です。業務自体もそんなに難しくないので、第一線から退いて家庭に入った方でも、また活躍できる環境だと思います。ワークライフバランスをしっかりとれますので、安心して入職してください。

TIME SCHEDULE
  • 篠原の場合
  • 9:00

    出社

  • 9:00

    点滴 採血 準備

  • 11:00

    採血・検尿・胃瘻注入・吸引・胃瘻準備

  • 12:00

    前半休憩 午後の診察準備 電話対応

  • 13:00

    後半休憩 午後診察(13時〜16時または17時)

  • 14:00

    処置 ユニットの相談 アドバイス

  • 15:00

    処置の記録 胃瘻準備

  • 16:00

    胃瘻注入・吸引 胃瘻チューブ消毒

  • 17:00

    翌日の診察カルテ準備 電話対応 各自担当の業務など

  • 18:00

    退社